FXトレードをイチから始めるなら必須!色々使える便利アプリ

「FX会社のアプリだけでいいの?」

FXなどの金融取引には非常に多くの情報が渦巻いているため、そんな不安を感じた人も多いのではないでしょうか。またトレードにあたってはルーティン化しないといけないことも多く、「作業が大変」というイメージもあるでしょう。
しかし、そんな大変さを解決するアプリも色々なところから出ています。今回はFXを実際に始めるにあたり、「あると便利」なアプリの傾向を説明します。

①トレードをはじめるにあたって、どんなアプリがあると便利?

昨今、スマートフォンでFXトレードをしている方が増えており、FX各会社が公式で出しているアプリの質が向上しています。「トレードの参考になる経済情報」や「客観的な相場観」のように、トレードを始めるときにあると便利な機能について解説します。

FX会社が公式で提供しているアプリは、トレードする上で「あると便利」な機能や、基本的な情報をチェックできる機能があります。

公式アプリでチェックできること

  • 経済ニュース(為替レートが動く理由になりうる)
  • 各国の為替市場の休日(知らないと思いがけず損をすることがある)
  • チャート設定(使用できるテクニカルの値をカスタマイズできる)
  • プッシュ通知(設定したレートになったら知らせてくれる)

何も知らずにトレードしていると「知らないことで損をした」や「操作性や機能性への理解が足りないことでチャンスロスした」となる可能性がありますので、利用するFXアプリの選び方とそのアプリを最大限に使いこなすことが重要になります。

またこの後に詳しく触れていきますが、FX会社が公式で提供しているアプリにはトレードする以上の機能があり、情報満載のマーケットニュースを利用することできます。

マーケットニュースの例

  • 日本やアメリカなど各国の経済指標
  • ドル/円や、ユーロ/ドルといった通貨ペアについてのレポート
  • 注目されている通貨の今後の相場観
  • 経済関連の速報ニュース

②トレードアプリとして便利なDMMFX

ここからは、おすすめ度の高いFXスマホアプリを提供している「DMMFX」を例にして、基本的な情報や便利な機能についてご紹介します。

DMMFXは、マーケット情報として「昨日・今日・明日」の各国の経済指標をアラーム付き(気になる経済指標を設定することで通知してくれる)で提供
経済ニュースでは「要人発言」や「経済指標の発表値」など基本的な情報から速報性の高いもの、また「貿易摩擦による影響が中国経済に表面化していく」のような通貨ペアについてのレポートがあり、市場が現在もっとも注目している情報にフォーカスした内容を発信しています。
さらに「ポンド円リアルタイムオーダー=144.0円 売り」や「10日米国株式市場は買い先行」のように今後の相場観を左右する情報を発信しており、「値動きが敏感になるタイミング」がわかるようにピボットで算出した「サポート/レジスタンスライン」を提供しています。

またDMMFXはスマホでも鮮やかなチャート画面で見やすく、取引ツールのトレンド系は移動平均(SMA)指数平滑移動平均(EMA)一目均衡表、ボリンジャーバンド、スーパーボリンジャー、スパンモデルが利用可能。
オシレータ系はMACD、RSI、DMI/ADX、スローストキャスティクス、RCIなどチャート設定できるものが豊富に揃っており、トレードの参考になる経済情報や客観的な相場観がチェックできるおすすめのFXアプリです。
例えば「移動平均線の短期・中期・長期を1から200の幅で選択できる」など細かいテクニカルの設定ができるため、スマホ画面でも見やすくシンプルに必要な情報だけを表示させることができます。

これまでに説明した通り、FXトレードをするならDMMFXのトレード用アプリだけで十分に情報が揃いますが、さらに快適なFX環境を目指す方におすすめのアプリがあります。

③その他に便利なアプリのポイントは?

ここからは初心者から上級者まで、FXトレーダーがトレードアプリをより便利に使えるように「情報収集」や「為替取引の管理」をするアプリについて解説します。
FX関連の投資情報はトレードアプリで確認することができますが、他の金融商品(株など)と密接に関わっていますので「金融全体の情報をチェックできるアプリ」があるとより快適にトレードできます。Webサイトでは「世界の株価」などメジャーな金融情報サイトがありますが、「FXニュースまとめ速報」や「ロイターニュース」のようにスマホアプリでも金融関連を網羅したアプリがあります。

今使っているFXアプリがある方は、トレードのサポートアプリとして利用できるものがないかチェックしてみましょう。例えばDMMFXを利用する場合は「昨日・今日・明日」の経済指標をチェックできますが、今週分の経済指標をまとめてチェックしたいときは、経済指標に特化したFXアプリや有名トレーダーが運営しているブログ(羊飼いのFXブログなど)を利用することができます。

またFX初心者の方は「これまでの自分のトレードを振り返ること」や「日々のFX売買記録を見て改善していくこと」が重要になります。エクセルのシートを利用することでトレード管理をする場合もありますが、FX取引の管理をするアプリを使用することで、手軽にトレード記録とメンタルの管理ができます。

トレード管理アプリを利用するメリット

  • これまでのトレード記録を振り返ることで自分の勝ち/負けパターンを把握できる
  • トレードの損益がひと目でわかるようにグラフで保存しておける
  • 通貨ペアごとのトレード状況をチェックできる
  • アプリ利用者と一緒に値動きの予想をして意見を交わす機能

などデータとして保管する以外にも、そこから反省や改善をするサポートになるアプリがありますので、トレード環境に組み込める新たな要素として使えるものがないかチェックしてみましょう。

④まとめ

  • FX会社の公式トレードアプリだけでも、まったく問題なくトレードできる。
  • より便利に使うために、その他のアプリを入れるのもおすすめ。

関連記事

デモで勝ってもリアルで負ける?FX練習アプリの落とし穴

FXには仮想のお金で取引の練習ができる「デモトレード」と呼ばれるのものがあります。無料・リス…

FXのスマホアプリはチャートで選ぶ!使いやすさVS情報量

FXに参戦している人は、初心者でもベテランでも必ずチャートを見て取引をしています。つまりどこのチャ…

FX初心者ならこのアプリでスタート!少額から低リスクで始めるコツ

「自分もFXを始めてみたい」「スマホのアプリで手軽にトレードしたいけど、…

iPhone・AndroidでFXをするならこのアプリ!情報量や手軽さから分析

平日は仕事で忙しく生活時間に縛りがある人でも、スマホアプリが普及してきた影響でFXトレードが…

FXにおすすめアプリはこれ!すきま時間で始める最新スマホトレード

「同僚が休憩時間にスマホでFXを始めていた」「FXでの副収入を自慢された…