iPhone・AndroidでFXをするならこのアプリ!情報量や手軽さから分析

平日は仕事で忙しく生活時間に縛りがある人でも、スマホアプリが普及してきた影響で
FXトレードが行いやすくなっています。

「少額でもいいから失敗なく稼ぎたい」
「iPhoneで手軽にやれるものがいい」

という人にとって、非常に便利な世の中になってきたと言えるでしょう。
ここではスマホでも手軽にトレードができ、かつチャートや収支などの数字が見やすいアプリをご紹介します。

①スマホでFXトレードをする上で重要なことはこの3つ!

スマホトレードをいざ始めようとする際に、初心者が注意すべきことは以下の3点。「時間帯」や「ライフスタイル」について徹底解説します。

1:見やすさ

まずは、どの時間帯であっても重要になる「スマホ画面でも見やすいチャート」なのかをチェックしましょう。

  • どのような取引画面になるのか
  • 自分好みの設定ができるか
  • 使用できるテクニカル分析の種類
  • 表示されるテクニカルの色

これらについて把握することで、快適なトレード環境をつくることができます。

メンタル管理が難しいFXにおいて、ストレスのないトレード環境を整えることは、トレードの技術と同じく重要になります。「思ってたのと違う取引画面だった」「自分が使いたい設定値がない」または「FXの勉強をして学んだテクニカルに対応してなかった」「テクニカル指標を複数表示させると線の色が似通っていて見分けがつかない」などということがあると、良いトレードができません。

思ってたのと違う、使いづらいFXトレードアプリでは、優位性の高い取引をすることは困難になりますので、事前にデモトレードを利用するなど、使用感をチェックする必要があります。

2:テクニカル分析機能の充実度

為替レートが活発に動く時間帯にトレードするなら「テクニカル分析機能の充実度」が重要になります。

為替レートが活発に動く時間帯の例

  • 米経済指標の発表が多い、日本時間の22時から26時頃
  • 実需の影響を受けやすい午前中の仲値トレード
  • 逆行により値幅の出やすい日本時間16時のロンドンオープン

テクニカル分析は、変動する為替レートの状況を素早く把握できるため、トレードスタイルの幅が広がります。例えば、価格の過熱感(買われ過ぎ/売られ過ぎ)を見るならストキャスティクス、値動きの方向性(適正価格と現在価格)をみるならボリンジャーバンドのように、テクニカル指標によって「エントリーポイントを見定めること」が可能になります。

3:リアルタイム情報の通知

「日中の空き時間を利用して、スマホトレードを始めたい」
「為替レートの動きに関係なく、サクッと取引したい」

そんな場合は、リアルタイムの情報をプッシュ通知してくれる機能が便利です。FX専用スマホアプリの中には、リアルタイムで発信される情報を「ポップアップで表示してくれる機能」や「設定したレートになったらアラームで知らせてくれる機能」があるため、頻繁にアプリを起動しなくても売買チャンスを逃すことなくトレードできます。
また速報(経済ニュース関連)をすぐにチェックできるため、急な値動きによるロスカット(強制決済)の対策やチャンスロスをせずに、すきま時間でトレードすることが可能になっています。

②おすすめのiPhone・android向けFXアプリは?

おすすめ度の高いiPhone・android対応のFX会社といえば「DMMFX」と「SBIFX」。ここからはDMMFXとSBIFXの「使いやすいスマホアプリ」について、詳しくご紹介します。

使いやすいシンプルチャート!機能性の高さで選ぶなら「DMMFX」

DMMFXは、豊富なテクニカル、チャート画面のカスタマイズ性、ポップアップ機能など機能性の高さが光ります。テクニカルの種類としては、トレンド系、オシレーター系のメジャーなものにはすべて対応。チャートはスマホの画面にも4分割で表示できるため、異なった通貨ペア(ドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ/円、ポンド/ドルなど)を同じ画面に「同時に表示させて」値動きを確認できます。

すきま時間にトレードしたい方は、アプリを起動させていなくてもポップアップ機能により「経済指標の発表」や「速報ニュース」など、為替レートが動く理由になる経済関連の詳細情報を通知してくれるため、売買チャンスを逃すことなくトレードすることが可能です。
様々なトレードスタイルに合わせた「自分好みのシンプルなチャート画面」をつくることができるため、ストレスのないトレード環境を整えることができます。

また初心者の方でも使いやすいように、電話やメールに対応している「24時間の安心サポート」があり、アプリの使い方や疑問点がある場合にいつでも利用できます。

少額取引(4円から)対応!さらに業界最狭水準のスプレッド「SBIFX」

FX業者おすすめ人気ランキングで上位にランクインするSBIFXは、低コスト&低リスクで取引できることが魅力。
一般的なFX会社は「10,000通貨から対応可能」というケースが多いですが、SBIFXでは「1~100通貨」の少額取引に対応。1通貨4円から少額取引ができます。スプレッドはドル/円で0.27銭と業界最狭水準、スワップポイントも業界最良水準です。

基本的なテクニカル指標は揃っており、チャートの設定(取引画面)を保存できる機能により、いちいち設定値を入力する手間がなく、これまで使っていた設定値を保存することが可能。その他にも設定したレート(ドル/円110.850など)になるとアラート通知で知らせてくれるため、レート画面を頻繁にチェックする必要がなくなり、すきま時間でも十分にスマホ取引ができます。

電話のお客様サポートは月曜~金曜の9時から17時まで(祝日は除く)対応しており、AIによるチャットでもお客様からの質問に対応しています。

③iPhone・androidアプリの徹底攻略!驚きの使える機能とは

「さらに勝率を上げたい方」や「取引を堅実に続けていきたい方」は、これから紹介するDMMFXの大人気システムを利用してみましょう。

DMMFXが選ばれる理由。驚きの使える機能をチェック!

すでにDMMFXの特長である「鮮やかで見やすいチャート画面」や「使いやすい取引ツール」といった、機能性の高さについて触れてきました。しかし、DMMFXのスマホアプリは「プレミアチャート」のシステムを採用している点に、選ばれる理由があります。
プレミアチャートは、リアルタイムで経済指標の前回値・予想・結果をチェックできるためファンダメンタルズ分析がしやすくなります。株の指標、NYダウ、日経平均、金、原油、国債といった「FXに関連する金融情報まで網羅している」ため、個別に調べることなく、まとめて必要な投資情報をチェックすることが可能。

またDMMFXならではのシステムとして「現金に交換できるポイントサービス」があります。ポイントサービスとは、DMMFXを利用して取引(新規注文)をするたびに「FX取引応援ポイント」が貯まっていくシステムです。1ポイント=1円でキャッシュバックされますので、現金としてそのままトレードで使用できます。

ドル/円、ユーロ/円など20通貨ペアが対象となっており、ポイントランク(ブロンズ、シルバー、ゴールド)制度により、ランクアップの条件を満たすことで「さらにポイントが貯まりやすく」なります。つまり、「トレードの利益+ポイントのキャッシュバッグで資産が増えていく」や「トレードの損失をポイントのキャッシュバッグで少しカバーできる」といった、他のFX会社にはない「お得な使い方」ができます。

④まとめ

  • スマホでトレードするなら、見やすさ、使いやすさが非常に重要
  • DMMやSBIなどの人気アプリは機能も充実

関連記事

デモで勝ってもリアルで負ける?FX練習アプリの落とし穴

FXには仮想のお金で取引の練習ができる「デモトレード」と呼ばれるのものがあります。無料・リス…

FXのスマホアプリはチャートで選ぶ!使いやすさVS情報量

FXに参戦している人は、初心者でもベテランでも必ずチャートを見て取引をしています。つまりどこのチャ…

FX初心者ならこのアプリでスタート!少額から低リスクで始めるコツ

「自分もFXを始めてみたい」「スマホのアプリで手軽にトレードしたいけど、…

FXトレードをイチから始めるなら必須!色々使える便利アプリ

「FX会社のアプリだけでいいの?」 FXなどの金融取引には非常に…

FXにおすすめアプリはこれ!すきま時間で始める最新スマホトレード

「同僚が休憩時間にスマホでFXを始めていた」「FXでの副収入を自慢された…