2万円から始めるFX|基礎知識と少額トレード向きのFX会社を紹介

FXを始めるにあたり「少額投資」を考えている人は多いのではないでしょうか。FX会社の中にはお小遣い程度の資金でトレード可能なところもあるので、少額投資からスタートする初心者は多いことでしょう。

ただトレードをする以上「できれば多く利益を出したい」というのが正直なところ。リスクを抑えつつ、ある程度の利益も狙っていくためには、どのくらいの資金を用意すればいいのでしょうか。ここでは、初心者が少額投資をするときのポイントと注意点を解説します。

①初めてのFXで少額投資…しかし、少額すぎるのも注意

初心者の方は「少額からトレード」することでリスクを抑え、トレード手法を確立させていくことが望ましいと考えられます。しかし、FXで「利益を上げていきたい」場合は少額トレードのままではあまり利益を狙えないというのも事実。

FX会社によっては「1通貨」や「100通貨」の取引通貨単位からトレードが可能なところもあります。例として1ドル100円のドルをレバレッジ25倍で100通貨購入した場合、資金400円で10,000円分購入できます。

この場合、ドルが1円変動することにより100円分の損益が発生する計算。仮に1円幅で大きく相場が動いたとしても、100円の利益にしかなりません。練習にはいいのですが効率が悪いのも事実です。

また、少額すぎる取引だとレバレッジを高く設定しないといけないため、少しの変動で証拠金維持率が低下し「強制ロスカット」となる可能性も高まります。そのため、少額すぎる取引にもリスクはあるのです。

②初めてのFXは少額の2万円から

そこで、少額トレードを始める場合は少なすぎる資金からでなく、20,000円程度からの投資金で、1,000通貨単位でのトレードをしてみてはいかがでしょうか。その根拠は下記の通りです。

損失額を抑えつつ、ある程度は利益も狙える

メジャー通貨であるドル円の為替レートは1日平均0.5円ほどであるため、1ドル100円の場合1,000通貨運用で500円の損益が発生します。大きな為替変動が起こる場合でも2円くらいの取引価格の値幅となるため、損失は最大でも約2,000円程度です。1日の最大損失を500円〜2,000円程度に抑える中でそれなりの利益も狙うことが可能となります。

レバレッジが低いため強制ロスカットのリスクが少ない

レバレッジは5倍と低設定のため、「強制ロスカット」されにくくなっています。強制ロスカットの証拠金維持率はFX会社によって違いますが、例として証拠金維持率50%の場合、資金20,000円の50%である10,000円の損失が確定したら強制ロスカットとなります。

1ドル100円のドルを1,000通貨買った場合、為替レートが90円になると90×1,000=90,000円で10,000円の損失となるため、10円幅の変動まで強制ロスカットされない計算になります。スワップポイントを狙った数ヶ月以上のスイングトレードでトレードする場合はロスカットされる可能性はありますが、数日の変動であれば強制ロスカットの可能性は低くなるため、比較的低リスクのトレードと言えるでしょう。

長期的なトレードライフのスタートとして

初心者の方がトレードをする場合、はじめに「デモトレード」をすすめられることがあります。デモトレードでも勉強することはできますが、実際のお金をかけてトレードすることも初心者にとっては大切です。

なぜなら、少しでも実際のお金でトレードすることで「緊張感」のあるトレードができるためです。緊張感がないトレードだと「根拠のないエントリー」が増え、計画性のないトレードの癖がついてしまう可能性があります。

緊張感があることで「トレーダーの心理」を感じることができるため、トレーダー心理を逆手にとった取引手法も身につけやすくなります。

また、その他に覚えておきたいこととしては、FXの「注文方法」も挙げられます。

新規注文が成立した瞬間に決済注文もセットで出すことができる「IFD注文」や利益確定注文と損切り注文を同時に入れておき約定した方だけ有効にする「OCO注文」など、FXにはさまざまな注文方法があります。これらを学ぶことで効率的なトレードスタイルを身につけることができます。損失を抑え利益を獲得しながら長期的なトレードライフをスタートしましょう。

③少額で取引できるFX会社2選

会社によっては1万通貨からでないと取引できないところもあるので、低資金からトレードできる取引所をいくつか紹介いたします。

1.外為どっとコム

外為どっとコムは1,000通貨から取引が可能なFX会社。フルレバレッジをかければ約4,000円からトレードできますが、ロスカットのリスクを抑えるため実際は20,000円ほどを想定しておいた方がいいでしょう。

外為どっとコムの特徴でもあるのが、独自の取引ツールです。トレーダーの「ポジション比率情報」や「売買比率情報」などを確認できるので、どこの価格帯のポジション数が多いか、またどこに多くの指値注文が入っているかを確認できます。

ポジション数がわかればそのポジションの人の気持ちになることで「どこで利益確定するか」「どこで損切りするか」などの心理を読みやすくなり、為替相場の値動きの参考として活用できるポイントになります。

2.SBIFX

SBI FXは「1通貨」から取引ができる唯一のFX業者です。フルレバレッジをかければ約4円の資金からトレードできるため、「できるだけ低予算でFXをやってみたい」という人に向いているFX会社です。デモトレードと同じような感覚で実際のトレードを体感できます。

また、「スプレッド」もかなり狭いFX会社です。スプレッドとは「売買するたびに発生する手数料」。SBI FXではメジャー通貨であるドル円のスプレッドが業界最狭水準の0.27銭となっています。

④少額取引する上で知っておきたいFX基礎知識

少額からFXトレードを始める前に、まず FXの基礎知識について解説します。

1.FX取引は1万通貨単位が基本

FX業界では基本的に10,000通貨が「最低通貨取引単位」として設定されています。そもそも1通貨とはドルの場合、約113円(2018年11月現在)。つまりそれぞれの為替レートに表示されている金額が「1通貨」の取引価格です。

仮に1ドル100円とし、10,000通貨購入するとなると100万円必要になります。FXはレバレッジをかけることができるため25倍に設定すると100万円の25分の1=4万円の資金で通貨取引ができます。

このように10,000通貨から取引する場合、最低でも4万円の資金が必要となります。また、レバレッジは25倍と高レバレッジであるため損失も大きくなり、強制ロスカットのリスクも高まります。そのため、初心者の方がいきなり10,000通貨から取引するのはあまりおすすめできません

2.少額取引をするならこの通貨ペア!初心者向きなのは米ドル

米ドルは、FX相場の中でも非常に取引高の多い通貨。取引量が多いということは、一部の資産投資家による影響を受けにくい投資商品ということ。通常は変動幅が比較的落ち着いているため、初心者の方でもトレンドに乗りやすい通貨です。

また、米ドルはファンダメンタルズ情報も豊富で、普段の生活の中でもアメリカ情勢のニュースなどは耳に入ってきやすい特徴があります。そのため日本人にとってファンダメンタルズを読みやすい通貨ペアと言えるでしょう。

3.FXで陥りやすいリスク|少額トレードでも気をつけよう

少額トレードだと損失を数百円で抑えることができるため、トレードが雑になることがあります。損失が少ないからといって雑にトレードしていると「細かい損失が重なり」いつのまにか資産が減っている状況に陥ることがあります。

取引金額が少額だからといって雑なトレードはせず、「計画性をもって資産運用」していかないと実際に多額の資金で証拠金取引を行う際に大きく資産を減らしてしまう恐れがあります。そのため、少額トレードでも取引方法を決めてリスク管理したうえでリアルトレードしていくことが大切です。

⑥まとめ

  • 少額すぎるトレードは、利益を出しづらい
  • 初心者には2万円あたりの資金がベスト
  • 初心者向けの通貨ペアはドル円

関連記事

FX会社・通貨ペア・トレード手法…。初心者に向いているのはコレ!

「FXを始めたいけど、決めなきゃいけないことが多すぎてわからない…」